ここでは、当院で扱っている虫歯治療後の奥歯の詰め物についてご紹介いたします。

セラミックインレー(白い陶器の詰め物)

イーマックスインレー

イーマックスインレー

100%セラミック素材で作られるセラミックインレーです。スイスのイボクラービバデント社が開発したe.maxシステムを利用し作られます。素材はニケイ酸リチウムガラスセラミックと呼ばれる自然で丈夫な次世代のセラミックです。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー

セラミックとプラスチックの中間素材で作られるセラミックインレーでハイブリッドセラミックとも呼ばれます。100%セラミックインレーよりも低価格で、まずまずの自然さと耐久性があります。

経年変化で唾液吸収を起こし変色したり、咬み合わせの状態によってはすり減ったりすることもありますので、定期的な健診が必要です。

メタルインレー(金属製の詰め物)

ゴールドインレー

ゴールドインレー

金合金で作られる奥歯の詰め物です。金の柔らかい特製により、虫歯治療後の穴にピッタリとフィットし、詰め物の素材の中でも虫歯の再発リスクを一番抑えられると言われています。

金特有の適度な柔らかさから、噛み合う歯にも優しい利点があります。金属色が嫌な方、金アレルギーが心配な方には不向きな素材です。

パラジウムインレー(保険適用の銀歯)

パラジウムインレー

いわゆる銀歯で、保険適用になるパラジウム合金製のインレーです。金属色が気になる方、白い詰め物を希望の方、金属アレルギーが心配な方にはおススメしておりません。

メタルフリー(金属を使わない詰め物)

メタルフリー歯科

歯の詰め物は、欧米では金属素材はほとんど使われません。日本国内でも現在ではだんだんと銀歯が使われない方向に向かっています。これはセラミック材料の品質向上に関係があり、メタルフリーコンセプトと呼ばれます。

しかし残念ながら日本では、保険診療の関係でパラジウムクラウンや、それこそ一昔前の素材であるアマルガムと呼ばれる水銀が含有された詰め物がいまだに存在します。

当院では、なるべく金属アレルギーや身体不調の原因となる金属素材を使用せず、セラミックやプラスチックの詰め物を選択するようにしております。Eマックスセラミックやコンポジットレジン素材等、近年積極的に使われている白い材料です。

特にセラミックインレーは、自然の歯の質感や色と変わらない詰め物を実現することができるようになりました。虫歯治療後の詰め物をセラミックでキレイにしたい、また、現在の金属の詰め物が取れた外れた等のトラブル、金歯・銀歯の見た目が気になるという方はお気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

044-733-9919

【平日】9:30~13:00 / 14:30~21:00
【土日】9:30~13:00 / 14:30~18:00
【木祝】休診日

東急東横線・JR南武線
「武蔵小杉駅」南口より徒歩5分

〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-69-1

診療時間
【土日】9:30~13:00 / 14:30~18:00